seikouudoku.info
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが PopnUpブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...

コンテンツ表示: はい いいえ   カテゴリ:
blog名 タイトル 作成者 カテゴリ: 更新日
HansBlog 俺の人となりを少し。 Hans Sachs 2011-2-4 1:13
連投とか、久々どころではないんじゃなかろうか。初めてかも。

2ちゃんねるの発達障害者関係のスレッドのテンプレートを一部お借りして表してみました。
このような人間が、現在とあるチェーン店酒屋で店員をやっています。ご参考の程。


計画や予定を立てるのが苦手。これが駄目で前職を失ったに等しいかも。目標を立てて、それに向かって突き進むのもまた苦手。
これで10代・20代の頃は迷走しまくりでした。
言われたことしかできなかったり、仕事をこなすにも、何が目的なのかを考えることが難儀だったり。
また、優先順位や能率、効率を考えて行動できなかったり、無駄な動きが多かったり。
これらは仕事に習熟するに従い改善できました。

「木を見て森を見ない」的な視点で物事を見てしまっていることも多くあり。
逆に言えば、「神は細部に宿る」というお言葉を錦の御旗にして、狭いジャンルを掘り下げるのは結構好きな行為でもあったりします。
視点の切り替えに時間はどうしても掛かりますね・・ハッ!と気付くまで時間が掛かり過ぎる。そうして色々情報認識が遅れること数多・・・。

目標とする人、憧れの人がいない。
そもそも他人に憧れるという事の理解が足りていないと感じています。但し、共感できる人はいます。

お金や利益にならない趣味にばかり夢中になる。
これはよ〜〜〜くご存知な方も居るかと思います。
そのご縁で色々頂戴したり、助けて貰ったりしていたりすることもあるので、感謝です。
趣味と実益を兼ねているのが酒なので、半ば「自動的に」職場での知識は深まり、お金を得る為の助けになっているという嬉しい恩恵もあります。
興味ある分野とそうでない分野に対する熱意やテンションの差が定型に比べて激しかったり。
趣味は専ら一人で黙々と楽しむタイプのものを好んだり。
職場と家の往復が唯一の外出に近いくらいPCの前に居ますね。
でもたまに遠出(極端なんだよなぁ。中庸が無い)したくなり、遠距離の友人を訪ねに行くときもありますが。
マイナーなジャンルにばかり興味や関心が向く。だからRed Orchestraを4年もやってるんです。(笑)WW2・現代戦専門。(笑)
Combat MissionシリーズやTheatre of Warシリーズのような箱庭ゲー、
複雑な操作の習熟を要求されるIL-2シリーズ、
OFP&ArmAシリーズのように、ミッションエディタで色々弄れるFPSが好きなのも、そういった理由なのかも知れません。
音楽だと高校・専門学校時代はプログレオンリーだったり。
世の多くの人との互換性は極めて低い。

しかしそれで不満を覚えたことは余り無いですね。

何故なら「他人に対して関心を維持しきれない性分」だったりするからです。
マメすぎる人とはどうして距離が・・・できて・・しまい、ます・・。
ベッタリなお付き合いは、ちょっとハードルが高いですね。

世間体を過度に気にしたり、見得とか嫉妬、極度の寂しさなどという感情を感じることは余りありません。
他人と比較して優越感も劣等感も感じにくい良い面?もありますが、何処かで接点が無いと他人へ関心を持ちにくい側面があります。
趣味趣向が同じならいいんですが、それでも常時関心を維持しきれない。
何とかしなくては、とは常々思ってはいるのですが。

また、他人の話が良く聞こえないことも。
耳が悪いのではなく、脳で理解できていないというか。
これが実は結構困ることで、一発で聞き取れない・理解できないのです。
なんかごにょごにょ言ってる、雑音としか認識できていない。
職場では耳が悪いことにして仕事に関することについては理解できるまで聞きますが、雑談については適当にあわせて相槌。
齟齬が出たときはちょっと恐ろしいですね。
という訳で、余り雑談の輪には居ることは少なく・・・そんな俺の職場でのあだ名は「スナフキン」。
飄々と仕事をしているからでしょう。理由は上記の通り。

そんなわけで、座って他人の話を一方的に聞く状況(授業、会議、講演など)では我慢し難い眠気、というか絶望的な倦怠感に襲われる。
話が理解できる前に進んでしまって、不完全燃焼状態で悶々。
意味不明状態でノートを取り、自宅に帰りノートを開いて見るが、やはり意味不明で頭を抱えるスパイラル。

数人以上での交錯する会話がとても苦手で、そういう場面ではとりあえず黙ります。
そして、何気ない雑談。これが非常に難易度が高いです。
こちらから繰り出すのは至難の技。一方、仕事に絡んだ話なら問題無いのですが。

小学生時代は「博士」「物知り」と呼ばれていましたが、今でも職場では物知り扱いです。趣味がお酒なせい(笑)
絵、映像で覚えるのは得意だが、聞いて覚えたり見て盗むことが非常に困難で、文字情報と音声情報は前に書いたとおり見事に頭に入ってきません。
小説とか数回同じところを反芻しないと駄目ですね。
故に活字を読むのには相当な覚悟が要ります。
逆に映像、新商品の酒のラベルなど殆ど一発で覚えられます。
網膜焼付け法の如く。見分けがちょっと面倒なボルドーやブルゴーニュワインとかでも全く問題ありません。



今の職場で3年目。
適正があった点も多かったのが幸い。お陰様で石の上にも3年、勤まっています。
 
RafotBlog 出張に行ってきます Rafot 2006-10-15 23:09


皆さんいかがお過ごしでしょうか。
さて、唐突ではありますが、小生は16日より出張に行ってまいります。21日に帰任の予定ではありますが、どうなることやら・・・

出張期間中、ザウルスを持って行きますのでIRCなど顔を出せたら出しますので皆さんよろしくお願いいたします。電波が通じればの話ではありますが・・・


それに合わせてというわけではないのですが髪がだいぶ伸びていたので床屋に行って来ました。色々と注文をつけてカットしてもらったのですが、まぁまぁの出来でした。もみ上げがちょっとおかしなことになってはいますけれどまぁ良しとしましょう。ついでに整髪料も普段と変えてポマードに挑戦です。

蓋を開けると緑色のゼリーが・・・
触れて見るとツルツル滑り手に取れない。
よく見ると上にシートがあるだけでした。お恥ずかしい・・・
シートを取ると香りが漂います。
格好良く言えば紳士の香りが、悪く言えばおっさん臭いようなそんな香りといえば皆さんにも通じるかもしれません。ただ、小生にとっては祖父がこの香りでした。幼少の頃祖父と遊んだとき、書斎はパイプの香りとこの香り、祖父の布団でお昼寝をしたときもこの香りがかすかにありました。懐かしいことを思い出しながらセッティング。

・・・
・・



ポマードの道はまだまだ険しいようです
acheter cialis:   I used to be able to find good info from your blog articles.| Thank you for every other wonderful article. Where else may just anybody get that kind of info in such a perfect method of writing? I have a presentation next week, and I'm on the search for such information.
HansBlog(Archiv) 2006/05/28 改めて自己分析 管理人の断片 Hans Sachs 2006-10-12 12:29
 自分がどのような人間であるか再把握するために、「マイナスに作用すると思われる面」と「プラスに作用すると思われる面」を分析してみました。今後の進路選びの為の参考にする為です。
 俺がどういう種類の人間かは以前書きましたので、まずそれを参照して頂きましょう。 
 しかし、多種多様なソースを比較分析し、今回はより詳しく調べ上げてみました。
 

 焦点はだんだん鮮明に絞られていく―――




「マイナスに作用すると思われる面」

・仕事などで細かいところまで注意を払わなかったり、不注意な間違いをしたりする。

・課題や遊びの活動で注意を集中し続けることが難しい。おもむろに違う事が頭に浮かんだり。

・指示に従えず、また仕事を最後までやり遂げることが難しい。

・気持ちを集中させて努力し続けなければならない課題を避ける。

・気が散りやすい。

・日々の活動で忘れっぽい。

・質問が終わらないうちに出し抜けに答えてしまう。よく仕事上で指摘・指導された。未だ改善できず。

・じっとしていない。または何かに駆り立てられるように活動する。例えば、部屋の中で音楽を聴きながらせわしなく座ったり、そわそわして立ってうろうろしたりする。

・他の人がしていることをさえぎったり,じゃましたりする。よく会話に割り込んで自分の話をしてしまう。ウホ、眩暈な奴ですね。

・学習・仕事などの課題や活動を順序立てて行うことが難しい。良く判らないですが、メモや手帳などに書き込んでも、なぜか遅れて間に合わなくなってしまいます。あと、旅行やその日の行動スケジュールとかを組むのも苦手です。スケジュールを決める事だけで、一日以上費やしてしまいそうな勢い。随分前から漠然とした頭で考えていかないといけません。旅行は風任せ〜〜〜♪ 人と会うときは会う時間のみ厳守、これだけに的を絞る!

・特定の習慣や手順に頑なにこだわる。職場に向かう際に車を運転中に聴く音楽とか、聴く順番とか何時も同じどおりで無いと落ち着かない。職場のボイラー室でその日の段取りを練らないと駄目。何らかの形で妨害されると大いに不安になり、頭が真っ白になります。それでミスが続出したり。顔に出てます、多分。

・特定の分野の知識を蓄えているが,丸暗記であり,意味をきちんとは理解していない。無きにしも非ずです・・・。認めたくないけど。

・自分の知識をひけらかすような言動がある。学生時代はしょっちゅうでした。

・自分が非難されると過剰に反応する。言葉は出ませんが、心中は相当波高し、です。暫くその事が頭から離れない。

・会話が一方通行であったり、応答にならないことが多い。(自分から質問をしても、相手の回答を待たずに次の話題にいくことがある。)ごめんなさい、まさに俺、そうです。話を聞くのは得意なんですけどねぇ・・・相互会話になるとそういうことになってしまう率が高いかも。

・自分の持ち物等の整理整頓が難しく、机の周辺が散らかっている。机の周辺は整然としていますよ。だって何も動かさないから。ただし、机の中や収納箱の中はカオス状態です。

・一つのことに興味があると、他の事が目に入らない。えぇ、常にそうですよ。

・集団活動やグループでの学習を逸脱することがある。学生時代、時間内に講義が理解できなかったので、落書きばかりしておりました。あとは漫画見てるかエロ本眺めているか。

・いじめを受けやすい。受けて登校拒否寸前までいきました。但し、俺も結構いじめもしたので、自己憐憫な気分にはとてもなれない。中学時代でしたが、今思えば一番醜い時代でしたよ。

・準備や後片付けに時間がかかり手際が悪い。思い切り悪いです。但しルーチンワークであれば、回数をこなせば手際は鮮やかになります。ただし、それも人より時間掛かりますが。

・質問の意図とずれている発表(発言)がある。仕事上の打ち合わせでよくあった光景でした。

・係活動や当番活動は教師や友達に促されてから行うことが多い。職場でも自分の仕事なのに上司や同僚に促されてから行うことが多かった・・・。

・友達との関係の作り方が下手である。友達はまだマシだが、彼女となるとなにをすればいいのかすら、想像も出来ません。というか、手の出し方が判らん!




「プラスに作用すると思われる面」

・強いこだわりがあり,限定された興味だけに熱中する。

・みんなから、「○○博士」「○○教授」と思われている(例:カレンダー博士)。ズバリ小学生の時は物知り癸韻箸靴毒Ъ韻気譴討りました。

・他の子どもは興味がないようなことに興味があり、「自分だけの知識世界」を持っている。マンホールのふただとか、電柱のがいしだとか。昆虫とか野草だとか。そう、幼いときから兵器類に興味があって、しょっちゅう独りでジオラマ書いて遊んでました。因みに目撃されると顔から火が出るくらい恥ずかしかったのを良く覚えてます。基本的に、絵を描いたりなにか集中して作業しているところを人に見られるのは、凄く苦手だし、何より嫌です。

・とても得意なことがある一方で、極端に苦手なものがある。社会人になって仕事に注力するようになってからは、得意な事が消えつつあります。が、絵を書くのは割と得意です。逆に数学はどうしても駄目ですね。冗談ではなく、カンニングしなければ間違いなく高校卒業できなかったでしょう。大学進学の為に塾には通いましたが、主たる目的は親を安心させる為で、心の中では射程外でした。あわよくば入れれば、みたいな。  当然無理。w

・物の一部に持続して熱中する。一日中PCに向かって、ゲームのMOD類作成や、HP更新に励む事は日常ですね。知らないうちに一日終わる、みたいな。逆に中断して別な事やり始めると、どちらもおざなりになってしまいます。絵とか描いていてもそうですね。自分のなかで「きりが良い」ところまでやっておかないと、とても心穏やかでは居られません。

・本人の興味ある特定分野の知識は大人顔負けのものがある。ガキの頃はそうでした。星座とか、貝がらとか、鉄道車両とか・・・戦車や戦闘機とか。今では酒か?

・こだわると本人が納得するまで時間をかけて作業等をすることがある。止められません。止められると心が焦燥感とある種の抑えがたい怒気をもって大いに揺れ、乱れます。

・本人の興味のある教科には熱心に参加するが、そうでない教科では退屈そうにみえる。学生時代はズバリこの通り。




 以上のような内容です。似ているな・・・と思われた方は、もしかすると・・・「仲間」かも知れません。




 以前、臨床心理士の方などから高機能自閉症周辺の特徴があるという指摘があった旨の内容を書いたはずですが、今回色々調べていくうちにその中の、「アスペルガー症候群と呼ばれるもの」より、むしろ「注意欠陥・多動性障害」という下記のURLのような内容に近い属性を持っている事が段々判ってきました。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/ADHD

 俺の場合は同じく下記のURLのパターンに、より類似しているようです。
 
 http://ja.wikipedia.org/wiki/ADD

 ADDって、AnalogDigitalDigitalの略の他にもあったんすね・・・。


 こういった属性の人間が学生を終え、社会人になり、どのような職業に就いていらっしゃるか、激しく興味があります。また、どのようなところに困難を感じたとか。どういう局面で強みを発揮したとか。

 それはこれから調べていく課題の一つでもあります。







 31日まで、あともうすぐ。
 いよいよ模索の日々が始まります―――
 
(1) 
PopnupBlog 2.52 Redwood-820 by Bluemoon inc.
Without Mail Option.